Alternative Visions: A Female Perspective / 
The Wall vs the Page


会期|DATE :2024 10/5 SAT - 10/27 SUN
フランス人キュレーターのマーク・フューステルは、1974年の「New Japanese Photography」で見過ごされた2つの視点に着目します。1つは、女性の視点です。同展には15人の写真家が選ばれましたが、その中に女性写真家は一人も含まれていませんでした。本展ではその時期に活動していた女性作家が制作した重要な作品群から、当時ありえた別の展示の姿を提示します。2つ目が「写真集」の存在です。山岸章二は「日本の写真は主に書籍のために作られていた」としつつも、1974年の展示では写真集は1冊のみで、残りはプリントによって構成されました。本展は、現代における写真集の重要性と多様性を示し、写真を見る体験が「ページと壁」とでどう異なるかを提示します。



キュレーター

Curator


Marc FEUSTEL|マーク・フューステル

パリを拠点に活動するライター、エディター、キュレーター。日本写真のスペシャリストであり、「Tokyo Stories」(Kulturhuset、ストックホルム)、「細江英公:記憶の劇場」(Art Gallery of New South Wales、シドニー)、「Okinawa: une exception japonaise」(Le Plac'Art Photo、パリ)など、この分野の展覧会をキュレーションしている。また、鷹野隆大著『ca.ra.ma.ru』(Libraryman、2022年)、柴田敏雄著『Boundary Hunt』(Poursuite、2021年)、普後均著『BLACKOUT』(L'Artiere、2018年)など、現代アートや写真の出版物のライターや編集者としても活躍している。フォトフェスティバルやイベント等での講演も多く、2019年からはパリ・フォトにおけるアーティスト・トークのホストの一人。2009年から2013年まで写真ブログeyecurious.comを執筆し成功を収め、現在は世界中の出版物に写真や写真集について定期的に執筆している。

Marc Feustel is an independent writer, editor and curator based in Paris. A specialist in Japanese photography, he has curated several exhibitions in the field, including “Tokyo Stories” (Kulturhuset, Stockholm), “Eikoh Hosoe: Theatre of Memory” (Art Gallery of New South Wales, Sydney), and “Okinawa: une exception japonaise” (Le Plac’Art Photo, Paris). He is also active as a writer and editor for contemporary art and photography publications including Flashpoint! (10x10 Photobooks, forthcoming), I’m So Happy You Are Here: Japanese Women Photographers from the 1950s to Now (Aperture/Textuel, 2024), Hong Kong Whispers (Hannibal Books, 2024), and ca.ra.ma.ru by Takano Ryūdai (Libraryman, 2022). A regular speaker and jury member at photography festival and events, since 2019 he has been one of the hosts of the Artist Talks at the Paris Photo art fair. He now writes regularly about photography and photobooks for publications around the world.





プログラム

Other Programs